緊急否認ピル

アイピルで望まない妊娠を防ごう

出産しても子供を捨てたり、虐待したり、ひどい場合では殺してしまう母親が急増していることで問題になっていますよね。

 

 

どうしてそんな事件が起きてしまうのでしょうか。

 

 

その理由の一つに望まない妊娠という背景があります。

 

 

そうならないために、避妊には特に注意して性行為を行うべきと言えます。

 

 

子供を殺してしまった母親たちも、避妊について正しい知識さえあれば、犯罪者になどならなくて済んだはずです。

 

 

しかし時には避妊に失敗してしまう時もあるでしょう。

 

 

例えば避妊具をつけ忘れたり、こわれていたりという場合です。

 

 

そう言う時は焦らずにアイピルを使用しましょう。

 

 

アイピルとは避妊に失敗した際に、受精や着床を防いでくれる避妊薬で、性行為後24時間以内に服用すれば95%の確率で避妊が可能なのです。

 

 

望まない妊娠をしてしまわないために、まずは避妊をしっかりと行うこと、そして失敗したら避妊薬を使用することをしっかりと頭に入れて性行為に及びましょう。