アイピル 販売

避妊をするなら世界的に有名なアイピルを

アイピルは、世界的に非常に有名な緊急避妊薬として精通しています。

 

 

フランスで開発された医薬品で、日本で言うノルレボのジェネリック医薬品として知られています。

 

 

妊娠を防ぐのに非常に有効とされていて、もし性行為中にコンドームが破れてしまったケースやコンドームを付けずに性行為に及んでしまったケースで妊娠が心配になりましたら、72時間以内に服用すれば、確率高く避妊することができるという医薬品です。

 

 

ちなみに性行為からの服用時間が早ければ早くなるほど成功率は高く、24時間以内であれば95%という確率で避妊可能です。

 

 

アイピルの有効成分は黄体ホルモンの一種であるレボノルゲストレルです。

 

 

このレボノルゲストレルが、受精や受精卵の着床を阻むという働きがあるため、効果的と言われています。

 

 

また、一定の量を服用する事によってホルモンが変化するので、受精してしまった場合でも受精卵が着床しないようにすることが可能となっています。

 

 

アイピルの副作用は吐き気やおう吐、胸部の違和感、頭痛などがありますが、一時的なもので早めに治まるのがほとんどです。

 

 

しかし1週間も2週間も続く場合は、医師の診断を仰ぎましょう。